情報トレジャーBOX

情報トレジャーBOX

スポンサードリンク

東武鉄道 時刻表のまとめ・解説

東武鉄道といえば関東圏にて総営業キロ数463.3kmの路線を展開している鉄道ですね。
東武グループの中枢を担う東証1部上場企業です。

今回は東武鉄道の情報です。

東武 時刻表




東武鉄道の時刻表を知りたい方は

こちらのネットから簡単に調べることができます。

東武鉄道のHP 時刻表のページはこちらです。

東武本線
http://tobu.jorudan.biz/honsen/diagram

東武東上線
http://tobu.jorudan.biz/tojo/diagram

東武 運賃・乗り換え案内


東武鉄道の運賃・乗り換え案内の確認をしたい方は

はこちらの東武鉄道HPより確認が可能です。

東武本線
http://tobu.jorudan.biz/honsen/

東武東上線
http://tobu.jorudan.biz/tojo/


東武鉄道 SLの時刻表・料金・路線図


東武鉄道のSL「大樹」は、東武鉄道が観光目的で企画したSL復活プロジェクトのSL名称として、多くの鉄道ファン・SLファンから期待されています。

東武鉄道のSL「大樹」公式ホームページでは、、完全乗車キャンペーンやSLのフォトギャラリーなど、SLファンが喜ぶキャンペーン情報などが更新されています。

ただ、時刻表・料金・路線図など、SL乗車を検討するための情報が少々見づらいです。

なぜならば「運転カレンダー・座席料金」ページと「交通・アクセス」ページにこれらの情報が分割されて掲載されているからです。まず「運転カレンダー・座席料金」ページを見ると、まず、SLの運賃・料金が、大人 750円 / 小児 380円であることを確認できます。

また、運転カレンダー・運転ダイヤの項目で、SL大樹の運転日と時刻表を確認できます。

路線図については、「交通・アクセス」ページに記載されています。

SL「大樹」は、あくまでも観光目的の路線ですので、路線図は、下今市 – ワールドスクウェア – 鬼怒川温泉まで全長12.4キロメートルのみのシンプルな図にまとめられています。

SLは、大量の煙を吐き出しながら進みますので、路線図のなか都心部は組み込まれておりません。

ですので、SLに乗るためには、スペーシアや東武日光といった特急を利用し、出発駅である下今市駅まで移動することが推奨されています。

スポンサードリンク